エキナセアサプリ比較

サプリ価格
(定期)
送料
(定期)
割引特徴
DHC
820円
(1日27円)
500円なしエキナセアサプリ
ネイチャーズ
リソース

1048円
(1日34円)
507円なしエキナセアサプリ

midasiエキナセアサプリの効果

有効性レベル 内容
レベルB
効果の可能性が科学的に証明されています。
初期のかぜ治療
レベルC
効果がない可能性が高い
性器ヘルペスの再発予防
不十分
科学的データが不十分
尿路感染症(UTI)、偏頭痛、慢性疲労症候群(CFS)、湿疹、花粉症、アレルギー、ハチ刺され、注意欠陥多動性障害(ADHD)、インフルエンザ。

midasiエキナセアサプリの安全性

短期間の使用では安全と思われますが、長期使用に関しては十分な情報はありません。

発熱、悪心、王都、味覚異常、胃痛、下痢、のどの痛み、口の渇き、頭痛、舌の麻痺、不眠症、失見当識、めまい、関節痛、筋肉痛などの副作用が考えられます。

皮膚に塗布数倍位では発赤、かゆみ、湿疹を起こす場合があります。

キク科の植物にアレルギーのある方は、アレルギー反応を起こすことがありますので、使用は避けてください。

妊娠授乳期の方、尋常性天疱瘡じんじょうせいてんぽうそう、多発性硬化症、全身性エリテマトーデス、関節性リウマチ、HIV(エイズウイルス)感染症、そのほか免疫毛疾患および、自己免疫疾患の方は使用しないでください。

一緒に飲むときは注意が必要な医薬品

免疫機能を抑える薬:アザチオプリン、バシリキシマブ、シクロスポリン、ダシリツマブ、ムロモナブ-cd3、ミコフェノレート、タクロリムス、シロリムス、プレドニゾン、コルチコステロイドなど
肝臓で代謝されやすい薬:クロザピン、シクロベンザプリン、フルボキサミン、ハロペリドール、イミプラミン、メキシレチン、オランザピン、ペンタゾシン、プロプラノロール、タクリン、テオフィリン、ジロートン、ゾルミトリプタン、ロバスタチン、クラリスロマイシン、シクロスポリン、ジルチアゼム、エストロゲン、インジナビル、トリアゾラムなど多数

そのほか:カフェイン、ミダゾラム

midasiエキナセアとは

アメリカ先住民に、かぜや外傷など万能薬として親しまれてきたメディカルハーブ。

ヨーロッパでは、医薬品として知られています。

他の呼び名

  • エキナシア
  • エキナケア
  • ムラサキバレンギク

 

 

コメントを残す