緑茶サプリ比較

サプリ価格
(定期)
送料
(定期)
割引特徴
白井田七。茶


2982円
(1日99円)
無料初回1980円緑茶サプリ
シェイプアップ
乳酸菌

シェイプアップ乳酸菌
4800円
(1日160円)
無料初回630円ダイエットサプリ

midasi緑茶サプリの効果

有効性レベル 内容
有効性レベルA
効果の可能性が科学的に証明されています
眠気覚まし
レベルB
効果の可能性が科学的に証明されています
高齢者の起立性低血圧予防、がん予防(膀胱がん、食道がん、卵巣がん、胃がん、すい臓がん)、パーキンソン病予防、高脂血症、子宮頸部形成異常(ヒトパピローマウイルス感染)、高血圧予防、高齢者の食後低血圧
レベルC
効果がない可能性が高い
結腸がん予防
不十分
科学的データが不十分
減量、心疾患予防、脳卒中の予防、骨粗しょう症、Ⅱ型糖尿病、乳がん、肺がん、虫歯、、歯肉炎、腎結石、前立腺がん、下痢、慢性疲労症候群

midasi緑茶サプリの安全性

お茶はほとんどの成人に安全で、緑茶抽出物の使用も短期間であればほとんどのヒトに安全なようです。中には、胃のむかつきや便秘を生じる人もあるでしょう。

1日に5杯以上飲むと、お茶に含まれるカフェインのために副作用を生じる可能性があります。頭痛、緊張感、睡眠障害、嘔吐、下痢、刺激、不整脈、震え、胸やけ、めまい、耳鳴り、けいれん、意識混濁など軽いものから重度の副作用まで症状は多様です。

お茶のタンニンが食べ物からの鉄吸収を妨げる可能性があります。妊娠中や授乳中の女性は少量(1日3杯以内)にとどめてください。

過量のカフェインは早産や出生時低体重を引き起こすことがあり、胎児にとって有害です。

カフェインは、通常の食品からの摂取でとりすぎがなければ、おそらく子供にも安全でしょう。しかし、心臓疾患、肝疾患、重度の貧血、血圧の高い方は避けるべきです。少量の日常摂取で血圧に影響することはあまりないようですが、緑茶のカフェインに慣れていないと血圧が上昇することがあります。

一緒に飲んではいけない医薬品

アンフェタミン(覚せい剤)、コカイン、エフェドリン

一緒に飲むときは注意が必要な医薬品

抗生物質(キノロン系):シプロフロキサシン、エノキサシン、ノルフロキサシン、スパルフロキサシン、トロバフロキサンシン、グレパフロキサンシンなど
避妊薬:エチニルエストラジオール・レボノルゲストレル配合剤、エチニルエストラジオール・ノルエチステロン配合剤など
エストロゲンを含む薬:エストロゲン、エチニルエストラジオール、エストラジオールなど
血糖値を下げる薬:グリメピリド、グリブリド、インスリン、ピオグリタゾン、ロシグリタゾン、クロルプロパミド、トルブタミドなど
肝臓に有害な作用を示しやすい薬:アセトアミノフェン、アミオダロン、カルバマゼピン、イソニアジド、メトトレキサート、メチルドーパ、フルコナゾール、イトラコナゾール、エリスロマイシン、フェニトイン、ロバスタチン、プラバスタチン、シンバスタチンなど
血液を固まりにくくする薬:アスピリン、ダルテパリン、ヘパリン、ワルファリン、など
そのほか:アデノシン、ニコチン、メキシレチン、フェニルプロパノールアミン、ペントバルビタール、リルゾール、テルビナフィン、テオフィリン、ベラパミル、シメチジン、クロザピン、ジピリダモール(ペルサンチン)、ジスルフィラム、イブプロフェン、フルコナゾール、リチウム

midasi緑茶とは

紅茶やウーロン茶と違い発酵【させないため、お茶の中では血中脂質を減らす茶カテキンが最も多く、癒やし成分のテアニン、ポリフェノールなども豊富に含みます。

一方でカフェインも多く含むため、飲み過ぎには注意が必要です。

他の呼び名

  • グリーンティー
  • EGCG
  • エピガロカテキンガレート

 

 

コメントを残す