マグネシウムサプリ比較

サプリ価格
(定期)
送料
(定期)
割引特徴
おなかマート


3980円
(1日132円)
無料初回1000円便秘サプリ
ソイルナ


4050円
(1日135円)
無料初回3024円更年期サプリ
ズキラック


3980円
(1日132円)
無料初回980円頭痛サプリ
するっと小町


3510円
(1日117円)
無料初回540円むくみサプリ

midasiマグネシウムサプリの効果

有効性レベル 内容
有効性レベルA
効果あります
マグネシウム欠乏、妊娠高血圧腎症、心室頻拍(トルサデポアン)
レベルB
効果の可能性が科学的に証明されています
群発頭痛、偏頭痛、月経前症候群(PMS)、骨粗しょう症、妊娠中のこむらがえり、心臓の異常、高血圧、僧帽弁逸脱、高コレステロール、動脈疾患、腎臓結石、騒音による難聴、メタボリックシンドローム、がんによる神経痛、子宮摘出術後の痛み、男性の脳卒中予防(食品からの摂取)、慢性閉塞性肺疾患(COPD)
レベルC
効果がない可能性が高い
運動持久力の改善
不十分
科学的データが不十分
注意欠陥多動性障害(ADHD)、花粉症、不安、下肢静止不能症候群、ライム病、多発性硬化症、線維筋痛、早産

midasiマグネシウムサプリの安全性

通常の食品として、あるいは推奨量を守って適切に使用するなら、ほとんどの人に安全です。

過剰に摂取すると下痢や高マグネシウム血症のような副作用が現れる場合があります。症状は悪心、嘔吐、心拍の異常、血圧の低下、錯乱などで、重篤化すると、呼吸が弱くなり、昏睡などを引き起こします。命にかかわる危険もありますので、必ず推奨量を守りましょう。

成人の1日の摂取推奨量は、男性310~370mg、女性270~290mgです。妊娠中の女性は+40mgを付加してください。

心ブロック患者の方、腎臓障害のある方、感染症や炎症性大腸炎など胃腸障害を起こしている方は使用を避けてください。

一緒に飲むときは注意が必要な医薬品

抗生物質(アミノグリコシド系):ミカチン、ゲンタマイシン、カナマイシン、ストレプトマイシン、トブラマイシンなど
抗生物質(テトラサイクリン系):デメクロサイクリン、ミノサイクリン、テトラサイクリンなど
抗生物質(キノロン系):シプロフロキサシン、エノキサシン、ノルフロキサシン、スパルフロキサシン、トロバフロキサンシン、グレパフロキサンシンなど
骨吸収抑制薬:アレンドロネート、エチドロネート、リセドロネート、チルドロネートなど
血圧を下げる薬:ニフェジピン、ベラパミル、ジルチアゼム、イスラジピン、フェロジピン、アムロジピンなど
骨格筋を弛緩させる薬:カリソプロドール、ピペクロニウム、オルフェナドリン、シクロベンザプリン、ガンラミン、アトラクリウム、パンクロニウム、サクシニルコリンなど
利尿薬:アミロリド、スピロノラクトン、トリアムテレンなど

midasiマグネシウムとは

人体に欠かせない必須ミネラルで、様々な生体反応に関与しています。カルシウムとともに骨の健康にも重要な働きをします。下痢や胃の制酸剤としても利用されます。

他の呼び名

  • 酸化マグネシウム
  • 硫酸マグネシウム
  • にがり

 

 

コメントを残す