ミネラルとは

ミネラルとは、食べ物を燃やした後に残る灰に含まれている成分(灰分)、いいかえると人体構成成分のうち、炭素、水素、酵素、窒素以外の元素の創傷で約40種類ある。

ミネラル一覧

マグネシウム(Mg)

効果:筋収縮・神経の興奮を抑える
各種酵素反応に関与
過剰症:軟便、下痢
欠乏症:心疾患、不整脈、精神疾患
多く含まれる食品アーモンド、カシューナッツ、納豆、ひじき、わかめなど

カルシウム(Ca)

効果:骨、歯の構成成分
カルシウムイオンは、筋肉収縮、血液凝固、神経伝達、細胞内情報伝達の重要な役割
過剰症:泌尿器科系結石、鉄、亜鉛、Mgなどの吸収阻害
欠乏症:楊枝の骨の発育障害、骨粗しょう症
多く含まれる食品:牛乳、チーズ、ヨーグルト、干しエビ、大豆製品

リン(P)

効果:骨や歯の形成
リン脂質としての膜の成分
高エネルギーリン酸化合物の成分
体液の酸・アルカリ平衡を保つ
過剰症:Caの吸収を妨げる
欠乏症:骨や歯が弱くなる
多く含まれる食品:牛乳、チーズ、小魚、ししゃも、高野豆腐

クロム(Cr)

効果:糖代謝や脂質代謝に重要な役割
グルコース耐糖能を復活させる
過剰症:特殊な中毒以外、過剰症は見られない
欠乏症:糖尿病や高脂血症が発症することが報告されている
多く含まれる食品:雑穀、野菜、肉類

モリブデン(Mn)

効果:尿酸を作り出す代謝において重要
鉄の利用を高める
過剰症:尿酸値が高くなる、銅の排泄が増える
欠乏症:成長遅延、尿酸代謝しょうが、発ガン可能性、頻脈、頭痛、精神障害、昏睡、などが認められる
多く含まれる食品:乳製品、豆類、レバー、穀物

マンガン(Mn)

効果:代謝に関わる酵素や、SODの働きに不可欠
骨の発育促進にも不可欠
過剰症:特殊な中毒以外、過剰症は見られない
欠乏症:骨の発育不良、生殖能力低下
多く含まれる食品:種実類、雑穀類、豆類

鉄(Fe)

効果:酸素の運搬・貯蔵
ヘム鉄を構成
過剰症:鉄沈着症
幼児は急性中毒
欠乏症:鉄欠乏性貧血
多く含まれる食品:レバー、赤身肉、魚類(白身魚をのぞく)、あさり、緑葉野菜、ひじきなど

銅(Cu)

効果:酸化還元酵素などの構成成分
鉄の吸収を助ける
過剰症:特殊な急性中毒・ウィルソン病による、2次的以外は、過剰症は見られない
欠乏症:貧血、脳障害が低栄養により二次的に発症
多く含まれる食品:レバー、ココア、牡蠣、エビ、いかなど

亜鉛(Zn)

効果:インスリンの構成成分としても重要
酵素反応のコアファクターとして働く
SODの構成成分としてしられる
過剰症:急性中毒、膵臓機能異常
欠乏症:生殖力の低下、未確定化
皮膚症状
妊婦に重要(胎児の発育不全、在胎期間の遅延、分娩時の障害、胎児奇形など)
多く含まれる食品:かき、牛肉、玄米、鶏レバー、納豆など

セレン(Se)

効果:抗酸化酵素として重要なグルタチオンペルオキシダーゼの活性中心
過剰症:脱毛、爪の変形、嘔吐、頭痛、しびれ
欠乏症:克山病
多く含まれる食品:ネギ、ワカサギ、いわしなど

ヨウ素(I)

効果:発育、基礎代謝の促進
過剰症:甲状腺腫、甲状機能亢進症
欠乏症:甲状腺腫、甲状機能低下症
多く含まれる食品:コンブ、わかめ、のり、サバ、かつおなど

ナトリウム(Na)

効果:酸塩基平衡の維持
浸透圧の維持
神経、筋肉の興奮
過剰症:血圧上昇、胃がん
欠乏症:倦怠感、食欲不振
多く含まれる食品:即席中華麺、いか、サキイカ、塩辛など

カリウム(K)

効果:浸透圧の維持、酸・塩基平衡の調節
筋肉の収縮
過剰症:高カリウム血症
欠乏症:脱力感、食欲不振
多く含まれる食品:さつまいも、里芋、ひじき、りんご、バナナ、大豆など

硫黄(S)

効果:皮膚、髪の毛、爪を形成
酵素の活性化
過剰症:皮膚炎、シミ、爪がもろくなる
欠乏症:皮膚炎、シミ、爪がもろくなる
多く含まれる食品:タンパク質全般に含まれる

塩素(Cl)

効果:ph・浸透圧の調節
胃での塩酸分泌
過剰症:神経細胞等の興奮の制御に必須
欠乏症:胃液の酸度低下
食欲不振、消化不良
多く含まれる食品:即席中華麺、いか、サキイカ、しおからなど

コバルト(Co)

効果:ビタミンB12の構成成分で造血作用にふかけつ
欠乏症:ビタミンB12欠乏症
多く含まれる食品:ビタミンB12を多く含む食品

フッ素(F)

効果:虫歯の予防、新しい骨の形成促進
過剰症:骨や靭帯を弱め、筋力低下、神経組織以上、歯にシミ(子供)

バナジウム(V)

効果:血糖値を下げる働き
コレステロールごうせいよくせい
酸化・還元反応
血液凝固を抑える作用
過剰症:多量に長期にわたる使用は、腎障害の危険性を他「メル
欠乏症:成長、生殖不全
多く含まれる食品:アサリ、ひじき、ほたてなどに多い

コメントを残す