ナイアシンサプリ比較

サプリ価格
(定期)
送料
(定期)
割引特徴
ネムリス-nemlis


5670円
(1日189円)
メール便210円お試し
1890円
休息サプリ
MAX GPC α


9720円
(1日324円)
無料なし身長アップサプリ

midasiナイアシンサプリの効果

有効性レベル 内容
有効性レベルA
効果あり
ナイアシン欠乏症、ペラグラ、高コレステロール
レベルB
効果の可能性が科学的に証明されています
動脈硬化などの心疾患、心疾患や循環障害による心臓発作リスクの低減、糖尿病、白内障、骨粗しょう症
不十分
科学的データが不十分
偏頭痛、めまい、うつ、動揺病、アルコール依存、オルガスムの改善、にきび、注意欠陥多動性障害(ADHD)

midasiナイアシンサプリの安全性

サプリメントとして摂取する場合は、ほぼ安全です。
しかし、よく見られる軽度の副作用として顔などの皮膚が赤くなる潮紅反応があります。この潮紅反応はアルコールによって悪化することがありますので、ナイアシンの使用中は多量の飲酒は避けてください。

そのほかの副作用として、顔や腕、胸の痛みやかゆみ、または発赤、頭痛、胃の不調、腸内ガス、めまい、口の痛みなどが起こることもあります。
ナイアシンやニコチンアミドを1日3g以上服用すると、肝障害、痛風、消化管の潰瘍、失明、高血糖値、不規則な心拍といった重い副作用を起こすことがあります。

妊娠授乳期ではナイアシンを通常より多く摂取する必要があり、妊娠授乳期の推奨量は1日13mg、妊娠末期では15mg、授乳中では1日14mgとなっています。
ナイアシンは血糖値を上昇させることがあるので、糖尿病域にある方は血糖値の変化に注意してください。
また、アレルギーのある方、胆のうに疾患のある方、痛風、狭心症、低血圧、腎臓病、肝臓病、胃腸に潰瘍がある方は使用しないでください。

一緒に飲むときは注意が必要な医薬品

コレステロールを下げる薬(スタチン系):セリスバスタチン、アトルバスタチン、ロバスタチン、プラバスタチン、シンバスタチンなど
血糖値を下げる薬:グリメピリド、グリブリド、インスリン、ピオグリタゾン、ロシグリタゾン、クロルプロパミド、トルブタミドなど
コレステロールを下げる薬:コレスチラミン、コレスチポール
そのほか:ニコチンパッチ(経皮的ニコチン製剤)、プリミドン、プロベネシド、スルフィンピラゾン、アロプリノール、アスピリン、カルバマゼピン、クロニジン

 

midasiナイアシンとは

体内でエネルギーを作り出すのに不可欠なビタミンで、魚や肉、野菜、穀物などさまざまな食品に含まれます。

成人の1日摂取推奨量は男性11~15mg、女性9~12mgです。

他の呼び名

かつて、ビタミンB3と呼ばれたナイアシンは、ニコチン酸とニコチンアミド(ニコチン酸アミド)の創傷でビタミンB群の一つ。

 

 

コメントを残す