食物繊維とは

食物繊維は昔は、栄養がないと考えられていました。
しかし、最近では、、健康維持に重要な働きをすることが新たにわかってきました。
いまでは、第六の栄養素と呼ばれるほどです。
2010年の日本人の食事摂取基準では、男性1日19g以上、女性1日17g以上の食物繊維摂取が推奨されています。

食物繊維の定義

「人体の消化酵素では、消化されない食物中の難消化性分の総体」と定義されています。
主に、炭水化物です。
一部、リグニンなどの非炭水化物も含まれます。
植物だけでなく動物の成分も含まれる。
しかし、実際では、定義は世界的に明確に統一されていないのが現状です。

食物繊維の分類

 種類備考
不溶性食物繊維植物性セルロース植物一般
ヘミセルロース穀類
リグニン穀類
動物性キチンカニ、エビの殻
キトサンキチンをアルカリ処理等により、脱アセチル化したもの
水溶性食物繊維植物性ペクチン
果物
グアガム豆類
グルコマンナンこんにゃくの主成分
アガロース海藻
寒天の主成分
アルギン酸海藻
アルギン酸は水に不溶だが、アルギン酸ナトリウムなどの可溶性塩として増粘安定剤として既存食品添加物として使用
合成ポリデキストロース
セルロース誘導体CMC(カルボキシメチルセルロース)

不溶性食物繊維の効果

  • 便秘の予防・解消
  • 大腸がん発生の抑制
  • 有害物質の排泄促進
  • 整腸作用
  • 肥満防止
  • アゴの強化
  • 虫歯予防(唾液分泌により)

水溶性食物繊維の効果

  • 食後血糖値の上昇抑制
  • 血清コレステロール値の低下
  • 血圧上昇を抑制
  • 腸内細菌叢の改善

コメントを残す